学校のいじめや神経性高血圧でのEDをアバナで解決

アバナは従来までのED(勃起障害)治療薬のいいとこ取りをした薬とも言われ、第四世代のED治療薬として注目されています。
服用から15分で効果があらわれ、効果が6~10時間持続します。天ぷらや唐揚げなどの脂っこい食事をしなければ、食事の影響も受けにくいです。脂っこい食事を摂っても、食後30分くらいあけて飲めば通常通りの効果が期待できます。
副作用についてはバイアグラ系の薬と同程度で、顔のほてり、鼻づまり、などが起こる事があります。稀に、背中の痛みや腰痛があらわれる事もありますが、比較的短時間で副作用がおさまっていきます。
EDには体の問題から起こる器質性と、心の問題から起こる心因性の2つがあります。
高血圧にも2種類あり、原因がよくわからないのが本能性高血圧、原因がはっきりしているのが二次性高血圧です。
前者の本能性高血圧は、塩分の摂りすぎ、運動不足、ストレス、喫煙、などが原因になります。学校でのいじめや職場での過労が原因になっているケースもあります。原因は一つとは限らず、複数の要因が重なって起こっている事もあります。これは心因性のEDと被るところが多いです。
二次性高血圧には、腎性高血圧、副腎性高血圧、神経性高血圧、その他、に分けられます。腎臓自体の疾患によるものが腎性高血圧、腎動脈の狭窄に伴う動脈硬化などが原因で起こるのが副腎性高血圧です。神経性高血圧では、脳血管障害や脳腫瘍などの病気のせいで血圧が上がります。高血圧だと動脈硬化になりやすく、それに伴って器質性EDになる確率が高くなってしまいます。
高血圧の場合、腎臓の機能に問題がなければED治療薬を使えます。クレアチンという腎臓の機能の指標になる検査を受ければ、使えるかどうか判断する事が出来ます。