アバナで生殖器を元気にする方は休職も検討

アバナは第四のED治療薬と呼ばれており、レビトラを超える即効性があります。
飲んですぐ効いてくれることは、ED治療薬に求められる一番の条件でもあります。
作用に時間がかかってしまうと、その間にペニスが萎えてしまうこともあるでしょう。
一度萎えてしまうと勃起しにくく、たとえ勃起しても興奮が減退していると充実した性行為はできません。
アバナは日本のクリニックでは処方していないので、現在は個人輸入で取り寄せるしかありません。
個人輸入だと1錠400円~500円程度で販売されています。
50mgと100mgが販売されていますが、最初は少量から試してみるのがいいでしょう。
また、服用できない方もいるので、副作用や併用禁止薬はよく確認しておきましょう。
少しでも不安があるなら、クリニックで検査を受けてからアバナを服用しても大丈夫か聞いてみるのがいいです。
ただし、国内では未承認のED治療薬なので、適切なアドバイスは受けられない可能性が大きいです。
未承認の薬を勧めることは、医師の立場としてできないからです。

アバナでED治療をする方は、生殖器の機能を高める対策も必要です。
これに関しては生活改善がメインとなりますが、最も理想的なのは休職となります。
男性は仕事をしている以上、非常に大きなストレスを受け続けることになります。
ストレスが慢性化するとストレスだと自覚しにくくなり、そこからうつ病に進行することもあるのです。
精神疾患の怖いところは、自分では自覚が難しいことにあります。
心身の異変に気づいた場合は、可能ならば休職をすることも考えましょう。
働きながら治療をするよりも、ゆっくりと休職しながら治療に専念をしたほうが、治療費を安く抑えて治療期間を短くすることにつながります。